大学生

経験者は語る、3年までにやっておくといい就活準備!

m.

こんにちは!やまがた学生情報局のm.です!

3月1日就活解禁!と、私自身、頑張る時期が来ました。
次2・3年生の皆さん、自分たちはどんなことをしたらいいか不安ではないですか?

今回は、現在就活解禁の3月1日を迎えて、現在就活中の私が就活前に

  • やっておいてよかったこと
  • やっておかなくて後悔したこと

ベスト3をそれぞれ解説していきます!

こんな方にオススメ
  • 就活何から手をつけたらいいかわからない現2・3年生
  • 就活のリアルを知りたい方

やっておいてよかったこと ベスト3

アルバイト
アルバイトから得られる就活上のメリットは
・対人スキル
・自己分析にも繋がること
・敬語が使えるようになること
です!

では、ここから私の経験を踏まえて詳細に紹介していきます!

<ホテル配膳、居酒屋>

ホテル配膳や居酒屋のバイトで関わる人はスタッフ・お客様の違いもある上、年齢・ポジションなども様々です。そのため、目上の人や初対面の人への礼儀や対人スキルが身につき、自然と敬語を使えるようになります。また、様々な業務を体験する中で自分の向き不向きがわかったり、スタッフやお客様からの自分の働きぶりに対するコメント等で新たな自分に気付けたりします。これが就活において自己分析に繋がります。

<家庭教師、個別指導塾の講師>

”教える”という仕事なので、相手への伝え方の工夫が身につき、面接に活きる力になります。
合格への道までの計画立てを一緒にできたりする点が、就活のスケジュール立てに活きてきます。こちらは、次の項目のスケジュール管理にて詳しくお話しています!

(また、継続して勉強に触れることができるので、SPIなどにも役立ってきます。)

総じて、アルバイトを通して身につくのはコミュニケーション能力

(※早くからアルバイトを始めることで、自分にある程度のキャリアやバイト先からの信頼も生まれ、就活を理由にお休みを申請するのも心理的にしやすくなります。)

スケジュール管理
就活前にスケジュール管理を頑張ることで得られる就活上のメリットは、
・就活中にダイアリー(手帳)をうまく使えること
・就活中に予定を逆算できるようになること
です!
紙の手帳を使うか・スケジュールアプリなどを使うかは、好みに合わせて変えていただくと良いと思います!
ここからは紙の手帳とスケジュールアプリなどを比較してご紹介していきます!

<紙の手帳のメリット>

・手を動かして予定を書くので覚えやすい

・フォーマルな場面でも取り出せる

紙の手帳でオススメなのはNOLTYのスコラ手帳無印良品のマンスリー・ウィークリー付き手帳です。
24時間の時間軸が付いているものだと特に、学校の予定と就活、アルバイトと管理がしやすいです。

スコラ手帳

https://www.noltyplanners.co.jp/schola/schola-program/product/index.html

無印良品 マンスリー・ウィークリー

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/section/S107014103

<スケジュールアプリなどのメリット>

・スマホなどデバイスがあればどこでも見ることができる

・他のアプリ(シフト管理アプリ等)と連動できる

デジタルだと、スマホアプリのLifebearをオススメします。
内容ごとに色分けでき、その日にある予定が一目瞭然です。

またiPhoneユーザーの方はもともと入っているカレンダーアプリも使いやすいです。
他のスケジュールアプリと同期できるものが多く、私はアルバイトのためのアプリ、シフトボードと同期して、日常の予定とアルバイトとを両立しています!

Lifebear

カレンダー(iPhone)

シフトボード

私は、アナログ管理が好きなので、毎年マンスリー・ウィークリー付きの手帳を使っています。
中学のテスト期間から細かく予定をたてこなしてテストを乗り越えてきました。

就活では、様々な企業にエントリーしたり、企業ごとに選考フローが様々だったりと、細かく見て被らないように調節することが必要になります。

また、4年生になると、卒論・卒制とも平行しなくてはなりません。

それぞれが心地よくこなせるように計画する癖を早くからつけられると、今後楽になります!

色々なコミュニティーに参加する
色々なコミュニティーに参加したことで得られる、就活上のメリットは
・自己分析のためのインタビューができる人が増え、様々な自分を教えてもらえる
・様々な才能を頼ることができる(ex.デザイン科の子にポートフォリオを見てもらってフィードバックをもらう)
・人間関係シュミレーションができる(社会に出る前の対人練習)
です。

つまり、人脈が増えます。

例えば、バイトならば様々なポジションを体験することで、たくさんのトライ&エラーを積むこともでき、それに対して多くの人からフィードバックをもらうことができます。

あるいはサークルなどに入ったら、他学科とのつながりが生まれ、視野が広がります。

このように、色々なコミュニティーに参加することで、コミュニケーション能力、自己分析に繋がります。

やっておかなくて後悔したこと ベスト3

お金を貯める
大学4年になると色々な場面でお金がかかります。

<就活の移動費、宿泊費、食費>

今回、世の中、コロナによってオンライン・リモートでの開催が多くなった就活イベント。

本来であれば、本社に赴き説明会やインターンシップを受けてくるものでと思います。
地方から参加する私たちは交通費・宿泊費・食費と出先で様々かかるでしょう。

そのため、2・3年生のうちからアルバイトをするなり、奨学金を計画的に使うなり就活の時期に資金的に困らないような対策が必要だと感じました。

<卒業に向けて>

私が通う芸工大では、4年次に卒業制作があります。これもまた、画材にとてもお金がかかります。
卒論のかたも、文献を揃えたり、フィールドワークに行く、冊子制作を外注する、などの資金も考えておく必要があるかもしれません。

健康に気をつける(病院に行っておく?笑)

私は元々ドライアイなのですが、就活の時期になってパソコンの画面に向かう日々が続き、ドライアイに拍車がかかってしまいました。

また、就活の時期は、スギ花粉の時期。花粉症の私は早く病院に行って薬を貰えばよかったと後悔しています。

今までも〇〇で忙しいから・・・と病院に行かずじまいでした。

実際、就活の時期にはいってみると、お金と時間がありません。

自己分析や業界研究などの準備が完璧なだけでなく、心身ともに健康の状態で就活に挑みたいですよね?

普段の生活から健康に気をつけるのが大前提ですが、不調に気が付いた時には早めに病院にかかるべきだと感じました。

取りたい資格をとるor勉強を始める

私はTOEICを今取り始めて後悔しています。2月28日の試験を受けてきたのですが、それだと、3月末提出のエントリーシートには記入することができません。

そのほか、検定系の成績を履歴書に書きたいものがある人は早めにとり、資格によっては何回か受験して、より良い結果をかけるような余裕を持って習得すべきだと思いました。

また、TOIECに関しては、コロナで隣県にいきたくない人は開催日を前もってサーチする必要があります。地方山形では年に3回しか開催していません。

いざ就活だ

まず就活の際にやるべきことは、就活サイトによく書いてある基本の準備!
基本の「き」と言われるだけあって私自身も大切だなと感じました。

  • 自己分析
  • 業界研究
  • 説明会やインターンシップに行ってみる(3年夏ごろ〜)
  • スーツを買う
  • 各就活サイトを使えるようになる

ここは自分の時間がある時にどんどんおさえていきましょう!

一人でやると辛いので、友人らと協力して自己分析のため質問させてもらったり、
業界研究を分担したり(それぞれ行きたい業界を調べて共有するなど)するとよりはかどります。

まとめ

就活を頑張ろうと意気込んだ私が就活サイトには書いていないリアルな部分で、もっと知りたいと今年自分自身が感じたものを記事にしてみました。

就活は実際始めてみると後悔が出てくるので、次2・3年生の皆さんは、ぜひ経験者、先輩の声を聴きながら今からでもできることを進めてみてください!

地方での就活のアレコレ~地方就活をした理由とその難しさって?~ N こんにちは! やまがた学生情報局のNです! 1.はじめに ここまでは受験生・新入生応援企画の記事をあれこれ書い...
経験者が語る就活の極意 ~自己分析の方法~ N こんにちは!お久しぶりです!(笑) やまがた学生情報局のNです! 連載の二回目!! 今回は自己分析について扱いま...
経験者が語る就活の極意~業界分析の方法~ N こんにちは! やまがた学生情報局のNです!! 【就活生応援企画】の第三弾。 今回は業界分析の方法について書いてい...

広告