ガジェット・アイテム

【元アルペンスキー国体選手がおすすめ】山形の冬を乗り越える装備品を紹介!

かずき

こんにちは!

やまがた学生情報局のかずきです!

今回は、スキーに20年間し続けてきた私が
真冬の山形で生き残るための
おすすめの防寒グッズをご紹介します。

防寒手袋

まずは防寒手袋です!

これは普通の手袋ではなく、ゴム手袋でなのでとても暖かく
雪遊びしても全くしみてこないので、一日中雪遊びできます。

雪かきのために購入しておくのもいいですね!

子供用から大人用まであるので、
ビジュアルよりも機能性重視の方は間違いなくこの商品です。

インナー

スキー場ではスキーウェアの下に必ずきているインナーです

最近は電熱が入った物が多く出ていますが、スキーをやる人には向きません

リフトの上では、寒さをしのげますが
滑ると暑くなってしまうので、あまりおすすめできません。

軽く運動する人には、吸湿性・保温性がある薄めのインナーがおすすめです!

学校に行くくらいでもかなりポカポカになるほど十分なので
何枚か持っておきましょう。

長靴

雪の深いところを歩くときに、靴の中に雪が入ってきたら1日中最悪ですよね。

長靴なしに歩くのは無理になるのが山形なのです。

氷で滑ってしまう可能性もあるので、靴の裏がツルツルのものは避けるのが吉ですね

長靴で重心を落として歩くと転びにくいです!

靴下

スキー場ではかなりいい靴下があります。

スキーブーツは保温性がないので、靴下で外に出ている状態です。

凍傷にもなりかねません。

できるなら2枚3枚と重ね履きしたいところですが、そうも行かないこともあるので

あったかい靴下の紹介をします。

↑これは電熱線入ってますが

足にホッカイロ貼っている人も多いので、ホッカイロ大量に買って置くのもいいです!

帽子

自転車乗ったら首回り耳はかあり冷え込みますよね

帽子とマフラー耳当てでは寒い。

おしゃれをしつつ暖をとるには耳付き帽子がおすすめです。

自転車やスキーなど首を動かすスポーツをする際も支障なく使えるのが魅力です。

ABOUT ME
Kazuki
Kazuki
やまがた学生情報局代表です。