アルバイト以外の稼ぎ方

【地方の大学生必見】YouTuberの次の時代?!家から配信できる|ライバーという働き方!

おひな

こんにちは! やまがた学生情報局のおひなです!

みなさんは、ライバーという職業を聞いてピンときますか?

おそらくほとんどの方が知らないのではないでしょうか。

ライバーとは、イチナナやポコチャというライブ配信アプリを用いて、生配信で活躍されてる方々のことを指します。

今回は、地方の大学生がライバーになる上でのメリットとデメリットをご紹介します!

メリット

①はじめるのが簡単

ライブ配信は、アプリをインストールして、ボタンを押すだけなので、スマホが1台あればでき、カメラやパソコンなどの機材費用などもかからず、簡単にはじめることが可能です。自宅でも簡単に配信が出来るので、地方の大学生でも始めることが出来ます。

②自分が成長できる

「自分がどんな配信していきたいか」や「どうやってリスナー(視聴者)さんを楽しませたいか」は、基本的に自分が決めていくので、単調な作業が続くアルバイトより、考えることが多いのが特徴です。そのため、リスナーさんとのコミュニケーションを通じて成長を感じることが出来ます。全国各地の老若男女の方との関わりが増えるので、様々な考え方に触れられることが魅力です。

③報酬が全国一律

首都圏に比べると最低賃金が低い地方ですが、ライバーの報酬は全国一律であるため、自分の頑張り次第で一定の報酬を獲得できます。

④自分のファンがつく

配信を続けていると、毎日配信に遊びに来てくれたりする方が多くなっていきます。何かあった時に応援してくれる人がいるのはとても心強いです。またYouTubeなどに挑戦したくなったとき、ファンがいる状態から始めるので、比較的始めやすいという特徴もあります。

デメリット

①プライバシーに気を使う

なにかアクシデントがあった場合、YouTubeなどの動画投稿では編集でカットができますが、ライブ配信ではそのまま放映されてしまいます。近所の風景や何か個人情報が載ったものが映ってしまわないように注意が必要です。

特に、地方の大学生は、大学のことなど、話す内容にも気を使わなければ、大学を特定されることもあります。

②家の状況に左右される

来てくれるリスナーさんがゆったりとしている時間帯である夜に配信することが多いです。実家ならば家族の理解がないとやりづらかったり、アパートの壁が薄いと近隣から苦情が来たりする可能性も否めません。また、ネットを使った配信なのでWiFiなどのインターネット環境の整備も必要です。

③モチベーション管理が難しい

初めのうちから一気に稼ぐことができるライバーさんは少数です。継続的に配信していくことで、報酬も上がっていきます。バイト代わりに配信でお金をもらえるようになるには、コツコツと配信を続け、自分のファンを獲得することが大切です。

ライバーをおすすめしたいひと

人と話すのが好き

配信の内容で多いのはトークです。そのため人と話すことが好きな方、トークに自信がある方はおすすめです。

何か自分の得意分野や趣味がある

配信中に、歌や楽器演奏、料理、メイクなどを披露しているライバーさんも多くいます。また、アニメなど自分が語れるものがあると、同じ趣味を持ったリスナーさんと仲良くなることができます。

ポジティブ

最初はなかなか人に見てもらえないことも多々あります。各種SNSと同じで、なかには心無いコメントを残していく方もいます。それに負けずに自分の良さをアピールし続け、なにより自分が楽しむことで人からも応援してもらいやすくなります。

まとめ

ライバーを始めるにあたっては、考えることが多く、はじめは少し緊張します。ですが、慣れてくるととても楽しく、毎日が充実するので、なにか新しいことに挑戦したい方は、ぜひライバーという道も考えてみてください!

ABOUT ME
おひな
おひな
まちづくりについて学んでます。好奇心旺盛ガールで、日々の生活のなかから勉強することがすきです。ここでもいろんなことに挑戦しながら、山形の素敵なモノ・コト・ヒトに関する情報をみなさんに届けていきます。

広告