お役立ち

地方大学生こそやるべき!流行りのアプリの招待方法やおすすめの使い方!【Clubhouse】

かずき

クラブハウスってご存知ですか?

最近話題の会話ベースのSNSです。音声版Twitterとも言われています。

いわゆる意識たかい人やインフルエンサーといった人が
こぞってフォロワー獲得のために利用しています。

そんなクラブハウスを山形の平凡大学生が使ってみた感想とそのメリットについて書いていきます。

mota

山形の大学生は、東京の流行や就活の状況・都会の大学生が何を考えているか・都会の社会人がどんなことを考えているか知っておいたほうがいいです。

というのも、山形はあまり社会人の方と接点を持つ機会が少ないので、のんびり生きていると大学生活の4年間で、都会の大学生にかなり情報に対する感度に違いが出てきて置いていかれてしまうんですね

この記事では、どんな風に使うのか、山形ではどんなルームがあるのか、山形の学生にどんなメリットがあるのかを書いていきます!

※現在は、iPhone限定のアプリです。

使ってみた感想

Youtube,ニコニコ動画,amebaなどはアーカイブに残せるので、発信する側にも収益をあげられるものですが、Clubhouseはアーカイブに残らないという点からその日限り, 良くも悪くもその日の会話は残らないので、好き勝手好きなだけ話ができるというのがいいなと感じました。使った印象はinstagramのストーリーに近いです。

フォロワーが多ければいいというものでもないので、質の高い仲間と質の濃い話をできるのが魅力となっています。自分の中のコミュニティ広げることで内輪ネタでもりあがれるのではないかなと感じています。

大きく分けて使える用途は4つ

  • 仲間うちでmtgとして使うやつ
  • インフルエンサー同士の会話を聞く
  • 英語のリスニングに使う
  • 作業のラジオとして使う

トークルームにはさまざまなジャンルのルームがあり面白いです。

  • ここだけマッチングアプリ
  • clubhouseとは何かを語る会
  • 国会議員が本気で質問に答えます
    ↑本人たちが体を張って質問に答えていました
  • メンタリストDAIGOがなんでも質問に答えます

自分がフォローしている人が関わっているルームにしか入れないので、ただ闇雲にフォローするのではなく、この人の話を聞きたいという人を厳選してフォローすると、充実した自分だけのClubhouseが作れると思います。

実際にどのような仕様になっているのかを説明していきます。

システムの内容

完全招待制で、一般の人は2人まで招待できます。

多くの人数を巻き込んで、トークをすることで運営から招待枠を増やしてもらうことができます。私は最初の2枠を使い切り、新たに3枠を運営から付与されました。

招待してもらうには電話番号の認証が必要で意外と手順がめんどくさいので簡単に紹介します、自分の電話番号を持っている人に電話番号を入力してもらう必要があります。

  1. 招待してもらう側はまずアプリを入れておきます。
  2. 招待する側は招待したい人の電話番号を電話帳に入れておきます。
  3. 選択してinviteボタンを押します。招待された側にはSMSで認証メールがとどきます。
  4. 招待された側は自分の電話番号を入力→名前を入力→興味のある内容にcheckです。
  5. これで晴れてClubhouserになれます!

アプリ内ではいろんな人をフォローすることができます。
自分がフォローしている人が関わっているルームに入ることができスピーカーの話を聞くことができます。

基本的にはModerator同士がトークするのをaudienceとして聞きますが、挙手をし指されることで自分もトークに参加できます。

ここで、自分がModerator(ルームの管理者)となってトークを進めることもできます。

(あの指原莉乃さんや、こじるりさん、与沢翼さんと一般人が会話していたりなんかも….)

基本的に本人画像、実名性の文化となっています。
そのため最初に名前を設定すると、そう簡単には名前が変更できないようになっておりますので初期設定に注意が必要です。

また、TwitterとInstagramに連携されており、ここで知り合った人とは他の媒体でのチャットに誘導するのがメインとなります。

各個人の詳細はbioと呼ばれるプロフィール欄から飛ぶことができます。
自分が何をしている人なのかを知ってもらうのはここだけなので、気を引くようなプロフィールにしましょう!

現在アップルでの試験的な運用のためAndroid対応をしておらずiPhoneのみ利用することができます。

ルールブック
  1. 名前とニックネームの変更は一度きり
    • それ以降は運営に問い合わせが必要
  2. フォロー制限があり、半日に300人程度
  3. トークルームは5000人が限度
  4. 録画・録音・メモは禁止(BANの対象)
  5. Moderatorマークは上位に表示される
  6. 相互部屋はフォローをしあう部屋
  7. ミュートボタン点滅は拍手の合図
  8. 🎉は初心者を示すアイコン
  9. followed by the speakersは、話ている人と相互フォローしている人
  10. other in the roomは、話している人と相互フォローしてない人
  11. 3回ほど自分のルーム作ったり、人数集めたりするとブラインドでポイントが加算されフォロー枠が追加される
  12. ルームに入りっぱなしだと1時間で200MBほど使う
  13. 一度speakerになると、部屋を出てもまたspeakerとして戻ってこれる
  14. 誰でもmoderatorにするとトークルームが荒らされる
  15. ミュート必須の相互フォロー部屋は規約違反

なぜ流行ったのかを考察

コロナの影響がだいぶ大きいと考えています。

自粛が2020年度は続き、その間にリモート環境が整備され、商談はオンラインでやることが多くなりました。

オンラインでやることにほとんどの人は躊躇いもなく、むしろリアルで何かをするということに無駄を感じるようになってきました。

その中で音声型のSNSが登場し、普段のMTGやちょっとした会話をzoomではなくもっと気軽にSNSで、さらにはそれをせっかくなら多くの人に聞いてもらおうということで大物タレントさんや、大物俳優さん、芸人さんなどが参入しているようです。

実際音声チャットを行える媒体はvoicy,stand.fmがありますが、Clubhouseではmoderatorから許可をもらえればオーディエンスだった人が自由自在に入ったりできるのがバズっている理由だと考えます。

用途としてのメリット

就活生に役立つ
こんな意見をよく聞きます。「東京の方でなんか流行っているアプリで、自分ではよくわからない。地方の人が初めても意味ないでしょ」と、違うんです。東京のベンチャー企業の会社の社長さんがいたり、その人事の人がいたりとかなり活発に発言をしているので、その中で就活生としてしっかりした考えを持っていれば興味を持ってもらうことができる。また、最新のものにアンテナをはっている人の話をたくさん聞けるので、地方にいながら今抑えておきべき情報をしっかり抑えることができるので、おすすめです。

普段は聞けないような、芸能人同士のリアルな会話が聞ける
ラジオやテレビ番組のような作られた会話ではなく、一人の人間として話しているので、オフレコの話をたくさん聞けます。かなりハードな話をしていたりとドキドキする反面もあります。ラジオのような感覚で作業BGMとして使うのがおすすめです。

コミュニケーションスキルが身につく
文字ではなく、人と人とのリアルな会話形式なので、間のとりかた、会話のテンポが大事になってきます。話を振られた時にもじもじしていると印象が悪いので、とにかく会話の練習のためにも少人数のところに入って練習してみるといいかもしれません。

英語のリスニングになる
海外のデザイナーやテレビのPM、インフルエンサーが赤裸々に自分の話をしていたりします。ネイティブの会話で到底聞き取れないですが、本場の英語を聞くと勉強しなきゃと鼓舞されることでしょう。

クラブハウスはどこまで伸びるのか

以前のTwitter,instagramなどが急激に伸びを見せた時と同じ社会的動きを見せています。

インスタライブと何が違うのかと疑問に思われる人も多いですが、大きな違いはコミュニティを形成し、うちわネタで盛り上げれるということです。

アーカイブに残す必要のない会話や、ちょっとした打ち合わせなどは手軽にでき使いやすいです。雑談をするSNSというポジションで多くの人に使われる媒体となっていくこと間違いありません。今後も伸び続けると考えられます。

twitter社もこの音声チャット機能を搭載するという噂も流れており、今後激しい市場争いが繰り広げられることでしょう。

まとめ

早速流行りに敏感な山形県民のあつまりもできております。

よく見ると小坂アナウンサーも参加しているではないですか!?

そうなんです。普通では話せないような大物アナウンサーとも友達かのように話せるSNSが登場したという、この時代の転換期に我々は立っていることに多くの人はまだ気づいていません。

使い方は人それぞれでいいと思います。この記事を読んでいただいて、興味を持っていただいた方はぜひアプリを入れて招待を勝ち取りましょう!

招待枠は一時期ネットでも販売されておりましたが、今は止まっているようですので、SNSで連絡をとってみたり、Clubhouseやっている友達に連絡とってみたりと色々試してみるのがいいと思います。

本当に見つからなければ先着3名様にTwiiterのDMより招待枠を差し上げますので、ご連絡ください。

それでは山形県民会でお会いしましょう!

ABOUT ME
Kazuki
Kazuki
やまがた学生情報局代表です。