お出かけ

【映える!】プロが教える!工場夜景を撮るコツ3選

こーた

こんにちは!

カメラマンのこーたです。

今回は大学生に人気の「工場夜景」をカメラでキレイに撮るコツを伝授します!

車の免許を取って行動範囲が広がったら、みんなが行きたくなっちゃう工場夜景。

他の人よりもキレイに撮れるようになっちゃいましょう!!

一眼カメラだけでなくスマホにも使える知識ですので、スマホで撮りたい方も必見です。

基礎知識

コツに入る前に、カメラについての基礎知識をざっくり解説します。

カメラの構造上、写真の明るさ決める要素に「シャッタースピード」「ISO感度」「F値(絞り)」という3つの要素があります。

これらを操ることで写真を撮ることが出来ます。

スマホのカメラや一眼カメラのオートモードでは、これらの設定をカメラ自身が自動的にやってくれています。

それを人間の手で自在に操ることで、機械には撮れない素敵な写真を生み出すことが出来るようになります!

コツ1.手ブレを抑える

工場夜景などの暗い場面で写真を撮るときに、どうしても起こりがちなのが「手ブレ」です。

カメラの性質上、暗い場面では「シャッタースピード(シャッターを切る速さ)」が遅くなってしまうため

カメラが人間の手のブレを拾ってしまいがちになります…

そんな悩みを解決するのが「三脚」です!

三脚を使えば、シャッタースピードが遅くなっても安定してカメラを保持できるので、

手ブレを抑えたキレイな写真が撮れます!!

100円ショップでも売っていますので、一つ持っておいても損はないと思います。

コツ2.F値を上げて絞ってみる

F値とは、「ボケ」の量を調節する値です。

F値が小さければ小さいほどよくボケて、F値が大きければ大きいほど全体にピントが合います。

同時に、F値が小さければ小さいほど明るくなり、F値が大きければ大きいほど暗くもなります。

今回のような工場夜景では、全体にピントを合わせた方がキレイに撮れるので、三脚を使った場合

一眼カメラの方はF値を9~11にしてみましょう!

そうすることで全体にピントが合い、下のようなシャープな写真が撮れます!

スマホでもF値が調節できる機種もありますので、自分の機種が調節できるものなのか事前に調べてみてください!

ちなみに僕と同じgalaxyを使っている人はカメラ内の「プロ」を開くと調節できるようになります!

そして左から2番目のアイコンをタップするとF値とシャッタースピードをいじれるようになります!

ここでF値を一番大きくして、シャッタースピードも一番遅くして三脚に固定してみましょう!

コツ3.水平を意識して撮ってみる

風景や夜景の写真を撮るうえで大切にすると良いことが「水平・垂直」です。

特に工場のようなかっちりした建物を撮るときは、水平・垂直を意識して撮る事で

バランスの良い整った写真になります。

これは三脚をセットする際に少し意識してみるだけで出来ることですので、

水平線をきちんと水平に撮ったり、煙突を垂直に撮ってみることを意識してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は初心者向けにざっくりとしたコツとして紹介しましたが、深掘っていけば更にいろんな知識があります。

この記事で気になった人はさらに自分で調べてみるといろんな知識が得られると思いますので、工場夜景にぜひハマってみてください。

カメラに関する個人ブログもやっているので、興味を持っていただけた方は こちら もどうぞ

それでは!

ABOUT ME
kota
kota
山形大学工学部2年生 大学生フォトグラファーのこーたです! カップルフォトや企業宣材写真などの出張撮影事業を展開しています。 大学生のうちに日本を旅しながら絶景を撮り、個展を開くことを夢見ています!

広告