EDGE-NEXT

【6月編】EDGE-NEXTの振り返りと参加者の声

mota

こんにちは!やまがた学生情報局のもたです。

EDGE-NEXTは、いよいよ本格的になってきて、事業計画のブラッシュアップも進んでいることと思います。

さっそく6月の講義を振り返っていきましょう!

6月の振り返り

3-1:講義「魅力的な事業計画」

人の心を動かし行動に結びつけるための事業計画・プレゼンテーションについて学びました。事業計画は、ビジネスプランを実行するための原点というお話がありましたね。

原点を振り返るために、ぜひ復習しておきましょう!

3-2,3-3,4-1:ケーススタディ「宇宙船α号」

自分たちが宇宙船の船員だと仮定して、生き残る人を決めるワークをしました。

ワークを通して、目的を自分たちで設定して、そのためのディスカッションを行いました。

目的が違うと生き残る人の選び方が変わってくるため、目的設定の重要性を学んだと思います。

4-2:VFA講義「課題とアイディエーション」

自分たちで課題を見つけて、どうやって問題解決していくかを自分で見つけていくためにより詳しく学びました。いまの課題と現状のギャップを埋めるための「ギャップ」を認識し、そのギャップの原因を一歩踏み込んで考えることが重要だということを学びました。

また、アイデアの出し方・システム思考についての解説もありましたね。

ケーススタディでのディスカッションも通して学びが深まったと思います。

チームビルディング、チームワークを開始

受講者に実際の感想を聞いてみました!

Y.Kさん
プレミアムコースで今年度受講しているのですが、過去にビジネスプランを立てたときとは別な着眼点でプランを検討できていると思います。なにしろ、VFAコンテンツの課題がそれなりに難しい。ですが、それが日本語講師の身近な実例を交えたレクチャーがあるおかげで、まだなんとかやれているのかなと思います。中間発表に向けて、プレミアムコースでレクチャーを受けたことも含め練り上げているのですが、今までの着眼点では見えてこなかった現状課題(=Pain)やツメの甘さがボロボロ出てきています。それをどこまで一年かけて高みに持っていけるか、今から闘志に燃えています。

A.Oさん
EDGE-NEXTで新たな繋がりができたことが私のもっとも参加してよかったと思うポイントです。今の時点では、政策についての話し合いを2,3回行っていますが、企業や人材を紹介していただき、学生のうちから社会につながることができてわくわくしています。私はプレミアムコースを受講しているため、チームメイトの社会人からたくさん刺激を受けていて、参加してよかったと感じています。今後もまだまだ活動が続くため、これからも楽しんで参加してきたいと思います!

H.Kさん
チームでの活動が始まりました。自分も含め起業に関して初めての方ばかりなので、いろいろと壁にぶち当たることがありますが、メンバーどうしで意見を出し合い、「よりよいものにしていきたい」という熱意を感じ、「自分も頑張らないと」と刺激を受けます。もちろん自分たちの力では解決できないこともあります。そんな時、講師の方々から直接アドバイスをいただける環境になっているので、参加者は学べる機会も多く、自分たちのチームが実現したい事業に向け、高いモチベーションで続けることができています。

まとめ

6月は、チーム・ワーク用のslackチャンネルが立ち上がりましたね!

EDGE-NEXTにせっかく参加しているので、slackでの交流や事務局への提案を行うことでより学びの深い1年になると思います。ぜひ遠慮せずにどんどん使い倒していくことをおすすめします!

いかがでしょうか?

とても学びの多かった6月のようですね。

これからも楽しみながら積極的に学んでいきましょう!

ABOUT ME
mota
mota
やまがた学生情報局編集長です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です