大学生活

山形大学工学部キャンパスってどんなところ?あるあるを徹底調査!

コーセイ

今回は、工学部あるあるキャンパス編をご紹介します。

山形大学工学部ってどんなところかよくわからないですよね。今回は、実際に僕が学校に通っているので、あるあると共に工学部を紹介します。第一弾はキャンパス編です。

こんなひとにおすすめ!
  • 工学部を知ってみたい
  • 一年生の時から備えておきたい
  • 雪がどんな影響を及ぼすのか知りたい
  • あるあるを共有したい

自習どこでしたらいいかわからない

工学部キャンパスは自習できる場所を発見するのが難しいです。理由として、空き教室自習として使える教室は掲示板などに一切情報が載っていないからです。

友達や先輩から話を聞くこと以外に自習する場所を知るきっかけはないと思います。

また、授業で使う建物以外に行くような人でなければ自習する場所を見つけることはできないです。

工学部のHPに自習できるスペースとして記載されているのは4号館の117教室のため、そのほかの教室も自習スペースとして使えるのを知っている人はあまりいないです。

なので、大抵自習できる場所がどこにあるのかわからないです。

僕が実際自習場所をまとめた記事がありますのでぜひ読んでみてください。

【山形大学工学部生必見!】静かに集中して勉強できる場所6選! コーセイ こんにちは!山形学生情報局のコーセイです!今回は、山形大学の工学部での勉強スペースをご紹介します! 勉強した...

新しい建物できがち

工学部はキャンパス内に次々新しい建物ができます。実際、1年おきに新しい建物が建設されています。

最近では、10.11号館が建てられ、現在では8号館の建設が終了されたばかりです。

工事が終わったらまた別の工事をしていることが多いです。

なので、キャンパス内には見た目が綺麗な建物が多いです。特に11号館あたりは壁に一切汚れがないです。

ぜひ、次はどんな建物ができるのか楽しみしてみてください。きっとすぐどこかで工事が始まると思います。

意外にキャンパス広い

ソース画像を表示
引用:アクセス|山形大学 工学部 情報・エレクトロニクス学科 (yamagata-u.ac.jp)

工学部は小白川と、面積は同じくらいあります。一つ大きな違いは工学部の方が道が入りくんでいます

小白川のような、キャンパスを横切る長い道はなく、短い道路が何個も続いています。また、小白川は道から枝分かれして建物に着きますが、工学部は目的の建物行くのに一度建物の中を通らなければいけません。

工学部の方が複雑な分、小白川のキャンパスより広く感じられると思います。

1年ほど通えば慣れてくるのですが、初めは目的の建物に着くのが大変です。なので、授業があるときは余裕を持って行動することをおすすめします。

工学部のキャンパスに来たときは、道の角にある案内に沿って行動してみてください。

【デジタル版にて公開】山形大学team道草が金山町と連携して作成した”道草MAP”|金山町の魅力を大放出 テーマは「チーム道草」と「金山町」 私たちが見て、感じて、楽しみながら選んだ「チーム道草」が大好きな金山町の魅力をほんの一部です...

先輩、バイトの人から「米沢の雪ってすごいから」っていわれがち

10月から11月、12月にかけて授業中や、先輩から別に聞いてもないのに米沢の雪のすごさを語られます。

地元次第では米沢と比べてどっちが降るのかなって話までします。

特に、関東、関西出身の人だと、先輩方は目をキラキラさせて「雪すごいからきっと驚くと思うよ」と言ってきます。

北海道出身だと、雪になれているので米沢の雪を見ても地元の方がすごいじゃんと思うこともしばしばです。

雪降ってても「まだまだこんなもんじゃないから。まだ降るんだよ言われがち」

1月、2月になっても先輩、教授、仲いいバイト先の年上の人は雪がどれだけ降っていても「米沢の雪は、まだまだこんなんじゃないからね」といいます。

いったい、いつになったら米沢の雪が本気を出すのか楽しみしていたのですが、結局自分の地元の方が雪がすごいなと思ったまま春になってしまいました。

ぜひ、本降りになるのを今か今かと楽しみにして冬を過ごしてみてください。

夏は歩く道の幅長いのに、冬になると急に一本道になってすれ違うの気まずい

先述したとおり、冬は雪が多いため除雪が完璧ではなくて通る道が一本道、そもそも誰も歩いたとがない道なことが多いです。

特に、車が通らない、人だけが通る道の場合わだちができないので大変歩きにくいです。

そのため、すれ違いの時はどちらかが長靴ではない場合、靴が雪に被り犠牲になるケースが発生してしまいます。ぜひ、米沢に来るときは長靴を一足持つことをおすすめします。

まとめ

今回は、工学部キャンパスのあるあるをご紹介しました。次回は、工学部のあるある恋愛編、米沢市編もご紹介します!

2年生になって進学する方、工学部進学を考えている方、ぜじ参考にしてみてください。

米沢の学生の恋愛事情【米短・工学部の恋愛のメリット・デメリット編】 あや こんにちは!Ayaです •ɷ• 前回の記事で米沢の恋愛事情を特集しました!ご好評につき、第3弾を執筆いたしました。今回は...
ABOUT ME
コーセイ
山形大学生 工学部 こーせいです。趣味は読書です。主に小説と新書と心理学の本を読んでいます。好きな作家さんは有川浩と糸井重里さんです。本に関する情報を届けてるよう尽力いたします。
広告

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です