大学生

【スパイバー】東北の注目企業vol.1|東大生が山形の有能な企業を徹底解説!

鶴岡にある”スパイバー”

ゆうか

こんにちは!東大の大学院生のゆうかです。

山形に住んでいるならぜひ知っていて欲しい、注目の企業”スパイバー”について、その凄さ、おもしろさを明らかにしていきたいと思います。

会社概要

Spiber株式会社
設立 2007年9月26日
事業 新世代バイオ素材開発

スパイバーの何がすごいの?

世界初の素材!

  世界で初めて、クモの糸を真似て人工的に素材を作りました。なぜ”クモの糸”を真似たのか。また、自然にあるものを”真似て”素材を作る、というのはどういうことなのか。順番に説明していきたいと思います。

まず、なぜ参考にするものとしてクモの糸が選ばれたのでしょうか?それは素材として魅力的な性質が詰まっているからです。木にかかる大きなクモの巣を見かけたことはないでしょうか。これらのクモの巣は、大雨が降っても、強い風が吹いても切れずに耐え続けており、耐久性があるといえます。また、虫がクモの巣に突っ込んできても糸がきれないだけでなく、うまくその虫をキャプチャーしてしまいます。つまりクモの糸には、独特な粘着性もあります。クモの糸はこれらの魅力的な機能性をもった自然界の素材なのです。

次に、自然にあるものを”真似て”素材を作る、とはどういうことでしょうか?一般に私たちの身の回りにある素材、服のポリエステルやスーパーの袋のポリエステルは、石油から作られた自然界には存在しない構造をした人工的な素材です。これに比べスパイバーの繊維は、タンパク質、つまり私たちの身体と同じ、自然界にあるものと同じ構成要素でできています。

具体的な合成方法としては、微生物に目的の素材の設計図を与え、微生物が本来持っている、設計図からタンパク質を生み出す力を利用することで、タンパク質からなる素材を作らせています(下の写真は素材合成の様子)。

(事業構想、「『クモの糸』を人工合成 世界が注目するバイオベンチャー、https://www.projectdesign.jp/201411/pn-yamagata/001713.php、参照2021-05-06)

2. ファッション業界からも注目を集めている!

  スパイバーの素材は、パリコレでも紹介されていたり、ノースフェイスとコラボしていたりします。

クモの糸を真似る、といってもクモの糸にはさまざまな機能性があるので、用途に合わせてある特定の強みを真似た素材が作られてきました。パリコレの際に注目されたのは、素材としての環境負荷が小さいことや、水に濡れると伸びる、という性質でした。対して、ノースフェイスとのコラボの際には、撥水性や柔軟性など、スポーツウェアとして求められる基準に沿うクモの糸の特徴が模倣されました。 

微生物に与える設計図を工夫することで、特定の機能のみを持たせた素材を作ることができるのです。

(VOGUE、ユイマナカザト、https://www.vogue.co.jp/collection/brand/yuimanakazato/20ss-crt、参照2021-05-06)
(WIERD、「『人工クモの糸』を製品化たらしめる『Spiber』とは何者か」、https://wired.jp/2015/10/16/moon-parka/、参照2021-05-06)

3.とにかく強い!

  クモの糸を模倣したスパイバーの繊維は、エコバックなどの生地のナイロンより伸縮性があり、繊維の強度は鉄鋼の4倍、熱にも強く300度まで耐えることができます。

クモの糸はなぜ強いのでしょうか?原理を下の図で示します。クモの糸は下図のような2つの構成要素からなっており、段階的にその構造を崩していくことによって、衝撃に耐える力が強くなっています。

スパイバーではクモの糸のアミノ酸配列を再現することにより、この原理を模倣しようとしています。

現状でどのような商品があるの?

スパイバーの素材を利用した商品の一例を紹介していきます。どれも素敵ですが、大学生には少しての届きにくい値段になってます笑

1.セーターwith Goldwin(¥88,000)

(Spiber、Project、https://www.spiber.inc/thesweater/、参照2021-05-06)

2.Tシャツwith sacai(¥39,000)

(Spiber、Project、https://www.spiber.inc/sacai/2020ss/、参照2021-05-06)

3.スケートボードwithノースフェイス(開発中)

(Spiber、Project、https://www.spiber.inc/tnfsp/loaded/、参照2021-05-06)

どこにあるの?

スイデンテラス ( https://www.suiden-terrasse.yamagata-design.com/ )

スイデンテラスの目の前の、鶴岡サイエンスパークに位置しています。2001年以降、慶應大学のいくつかの研究室が鶴岡サイエンスパークに誘致され、ここを拠点として日々研究がされており、スパイバーもその一つです。

さいごに

クモの糸の会社、以上にスパイバーについて知っていただけたでしょうか?クモの糸って、こういう理由で強いんだよ。スパイバーってパリコレに出てたり、ノースフェイスとコラボしてたりしてるんだよ。と知り合いに自慢できるようになってくれていたら嬉しいです😊
東北にある素敵な企業を中心にこれからも紹介していこうと思いますので、楽しみにしていてください🙌

広告

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です