大学

経験者が語る就活の極意 ~自己分析の方法~

N

こんにちは!お久しぶりです!(笑)

やまがた学生情報局のNです!

連載の二回目!!

今回は自己分析について扱います!!

はじめに

みなさん、こちらの記事は読んでいただけたでしょうか??

【就活生応援企画】ということで、僕自身の体験に基づいた「就活の極意」を全六回の連載でお送りしています。

第二回は「自己分析の方法」をお送りします!

自己分析は就活の中で基本中の基本と言えるくらい大事なものなのです。

今回も就活生必見です!!

自己分析の概要

読者のみなさんは、自己分析って言われて、ピンとくるでしょうか??

僕が就活を始めたばかりの頃は「自己分析」と言われても、正直、ピンと来なくて苦労しました。

「自分について知ること」と言ってしまえばそれまでなのですが、僕が実際に面接まで経験してみて大切だと感じたのは「自分自身について、就活的な観点から客観的に分析した上で、それを言葉にして表現して相手に伝えられるようになること」です。

ここでキーポイントになるのが

  • 自分自身をどのような観点から分析するとよいのか

    (上記では「就活的な観点から」と表現しました。)
  • ぼんやりとしたイメージとして存在している自分をどのように言葉で表現していくか

という2点だと僕は考えています。

自己分析にはいくつかやり方があります。

この記事では、そのやり方についてご紹介しようと思います。

僕がおススメする自己分析の方法は

  • 自分史
  • モチベーショングラフ
  • 自分スピーチ

の3つです。

それぞれについて、詳細にご紹介していきます!!

上記3つの中でも、自分史が基本であり、モチベーショングラフと自分スピーチはその発展形に近いと考えているため、自分史についてかなり詳しく書いています。

自分史

概要

自分の生い立ちから幼稚園(保育園)時代・小学校時代・中学校時代・高校時代・・・と現在までの自分の歴史を振り返ってまとめていくことで、自分について分析していく方法です。
これが一番時間がかかって大変ですが、一番丁寧に自分のことを振り返ることができる自己分析の手法です。

必要なもの
  • ペン
  • 昔のアルバムや自分が作成した何かなど(あると当時を思い出すのに便利です)
深い分析をするためのワンモアアドバイス

自分一人で振り返りをして思い出せることには限りがあるので、友人や親などに聞いてみると良いかもしれません。

過去を振り返るための観点

勉強・進路(重要度★)

自分はどんな教科が好き(得意)だったのか、それはなぜか(どのような点が好きだったのか)を振り返ります。

それと同時に進路選択のきっかけや判断の仕方(なぜその高校に入ろうと思ったのか)も振り返ってみるとよいでしょう。進路選択は人生の節目の重要な決断ですから、就活に繋がる「自分らしさ」が含まれているはずです。

クラブ活動・課外活動(重要度★★★)

クラブ活動や課外活動(特に力を入れたものであればあるほど)には、自分の現在の価値観や考え方に影響を及ぼす重要な出来事が含まれている可能性が高いように感じています。
部活・サークルでの出来事や取り組みの姿勢、そこから学んだこと等を振り返り、今の自分の考え方や価値観を探っていくことができますし、力を入れた活動であれば、「学生時代に力を入れたこと(いわゆるガクチカ)」にもなり得るため、特に中学時代、高校時代は重点的に振り返ってみてください。僕はこの振り返りがとても大事だと考えています。

友人関係(重要度★★)

どんな友人が多かったのか、自分との関係性、その友人との出来事を振り返っていきます。人の価値観や考え方は人間関係の中で形成されるものでしょうから、これも重要な分析事項と言えるでしょう。

好きになったこと(趣味)・夢中になったこと・特技(重要度★)

そのままだと思います(笑)。僕は就活ではそんなに使わなかった観点かなぁと。。。

印象に残っている、または影響を受けた出来事、人、本、映画(重要度★★★)

これは本当に大事だと思います。人が現在持っている思考や価値観・行動には、過去の出来事が大きく関係しています。
自分が印象に残っていることを探っていきましょう。

力を入れたこと・努力したこと・取得した資格(重要度★★★)

特に力を入れたこと・努力をしたことに関して「なぜ・どのように頑張ることができたのか」を考えることが大切だと感じています。自分が頑張ることができた瞬間の本質を見つけ出すことができれば、それは社会でも活かせるからこそ、力を入れて考えられるとよいと思います。

当時の考えていた夢(重要度★)

そのままだと思います(笑)。僕は就活ではそんなに使わなかった観点かなぁと。。。

⇒上記をもとに、現在の自分の好きなところ・嫌いなところなどを考えていくことで、自分への理解を深めていきます。

※山形大学ならば、キャリア支援課に行けば自己分析のためのフレームとして「自己分析シート」・「現在の自分シート」をもらうことができます。

モチベーショングラフ

概要

自分史で振り返った過去の自分をもとに、自分のモチベーションをグラフに可視化していきます。
モチベーションが上がったポイント・低かったポイントのそれぞれにおいて、どんな出来事あったのかを考えていくことで、自分のモチベーションが上がるポイントを探し出すことができます。
位置づけとしては、モチベーショングラフは自分史のプラスアルファの位置づけになるかと思います。

必要なもの
  • ペン
深い分析をするためのワンモアアドバイス

完成したら誰かに見てもらうことで、客観的な分析をすることができます。

自分スピーチ

概要

誰かに「自分とはこういう人間だ」ということを説明し、質問に受け答えをしていくことで、自分への認識を深めていく手法です。この手法は第三者からのフィードバックを必ずもらえるため、自分一人では探り切れなかった自分を発見するのに非常に有効であり、かつコミュニケーション能力(分かりやすく伝える力)を鍛えることもできるため、ある程度自分に対する認識が深まってきた段階で仕上げ的にやるのがおススメかもしれません。

必要なもの
  • 必要なものは特になし!
  • 強いて言えば話し相手になってくれる誰かが必要!!
深い分析をするためのワンモアアドバイス

最初は緊張すると思いますが、誰かの前で自分について話してフィードバックをもらうということは、自分自身の成長に繋がります。勇気をもって一歩を踏み出してみてください!

まとめ

以上、自己分析の方法についてご紹介してきました!!

  • 自己分析は就活の基本
  • 自己分析の基本は自分史作成
  • 自分史の発展形がモチベーショングラフと自分スピーチ

という3点を理解していただけたならば嬉しく思います。

次回は業界研究について書いていきたいと思います。

そちらもお楽しみに!!

ABOUT ME
N
こんにちは! 旅と電車とお城巡りが趣味で地元東北が大好きなNです! 山形では花笠踊りをやっていたので、次は宮城のすずめ踊りに挑戦したい…笑
広告

 

POSTED COMMENT

  1. […] 経験者が語る就活の極意 ~自己分析の方法~ N こんにちは!お久しぶりで… 経験者が語る就活の極意 内定までのやることリスト~ アイコン名を入力 こんにちは! やまがた学生情報局のNです! 初の連載に挑戦! ぜひ読んでもらえると嬉しいです! … 【優秀な学生だけが掲載される!】逆求人サービスのガクセンを使ってみた! もた こんにちは!就活したくない系22卒の編集長のもたです。 今回は、逆求人就活サービスのガクセンを使っているので、どんな感じか… 【地方大学生の就活】Wantedlyを使ってみたら、使い勝手がかなりよかった件 もた こんにちは、編集長のもたです。 そろそろ就活をしなきゃなぁと思ってやや2年が経ちますが、そろそろいい加減就活をしないとやば… ABOUT ME N こんにちは! 旅と電車とお城巡りが趣味で地元東北が大好きなNです! 山形では花笠踊りをやっていたので、次は宮城のすずめ踊りに挑戦したい…笑 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です