アルバイトお役立ち

家庭教師バイトと塾講師バイトはどちらがいいか比較してみた

フジ

こんにちは、やまがた学生情報局のフジです!

家庭教師バイトや塾講師バイトをやっている人、興味がある人は多いのではないでしょうか?
僕自身の家庭教師と塾講師のバイト経験から、それぞれのメリットやデメリットについて皆さんにお伝えしたいと思います!
ぜひ、バイト選びの参考にしていただけると幸いです!

こんな人におすすめ
  • バイトを探している人
  • 教員を目指している人
  • 掛け持ちできるバイトを探している人
person writing on brown wooden table near white ceramic mug

家庭教師バイト

メリット

時給が高い

やっぱりバイトをする以上は時給が高いことって大事ですよね!

時給が高いことを理由に、教育系のバイトをはじめる人が多いのではないでしょうか? 

家庭教師バイトの時給はおおよそ1,800~2,000円で、塾講師や飲食などの他のバイトに比べて、とても高く設定されていいます。そのため、忙しくても時間を効率よく使って稼ぐことができます。

達成感が大きい

家庭教師の仕事の醍醐味といえば、達成感を得やすいことです!

  • 担当生徒が、テストや模試で目標の点数を取れたとき
  • 志望校に合格が決まった時

テストや模試で目標の点数を取れた時や、志望校に合格が決まった時など、生徒の喜びを一番に感じることができます。

家庭教師は生徒との距離がとても近い存在です。
そのため、勉強を教えてくれるお兄ちゃんやお姉ちゃんのような感覚を持つ生徒が多くいます。
だから、目標をクリアしたときの喜びも大きなものとなって自分に返ってきます。

その一方で、成績が上がらなかったときは、かなり気まずくなります。
そのことは次のデメリットで紹介しますね。

デメリット

① 稼ぎにくい

上でも書いたように、確かに時給はかなり良いです。しかし、せいぜい週二回程度が限界です。そのため、1カ月で稼ぐことができるのは約1~2万円程度で他のバイトと比べると、かなり稼ぎにくくなっています。

また、事務手当てが出ないところが多いため、授業の準備や授業の報告書作成は時間外労働になるケースが良くあります。また、担当する家庭まで電車やバスなどの公共交通機関を使う人も多く、交通費は支給してもらえるといえども通勤時間を考えると決して給料が良いとは言えなくなってしまいます。(中には片道で1時間以上かかる人も)

② 困ったときに頼れる人がいない

家庭教師のバイトでは、他の先生の授業を見たり、先輩から教えてもらったりする機会が基本的にありません。家庭教師の派遣事務所の人と定期的に電話などで連絡は取れますが、直接見たり聞いたりすることに越したことはありません。
そのため、多くの人が指導法に悩むのではないかと思います。また、保護者とも直接コミュニケーションや連絡をとる必要があるため、慣れるまではとても気を遣うことになります。

woman covering her face with white book

③結果が出ないと・・・ 

保護者と直接コミュニケーションを取るという事は、自分に対する評価を直接受けることになります。目標と点数を達成できなかったときは保護者から責められたり、重たい空気になったりしてしまいます。

中には、生徒の頑張りが足りなかったからだと、言ってくれるような親御さんもいらっしゃいますが、その一方で、家庭教師側が責められることも十分に考えられます。
お金が発生している以上は、しっかりと生徒の点数を上がることで結果を出さないといけないので、もちろんのことですが精一杯授業をすることが必要です。

塾講師

メリット

① 時給が高い

塾講師のバイトも、他のバイトに比べると時給が高く設定されています。
そのため、時間の合間を縫ってバイトを入れることで、時間を有効的に使って稼ぐことが出来ます。

短時間でバイトが終了することもあるので、他のバイトとの掛け持ちをしている人もいます。
ただし、2つ以上の塾のアルバイトを掛け持ちすることは多くの塾で禁止されていることが多いので、どのバイトでもそうですが、掛け持ちしてもいいかをしっかりと確認してから掛け持ちをするようにしましょう。

② 頼れる人がそばにいる

塾では、複数の先生がいるため教え方で困ったときは相談したり、アドバイスをもらったりすることが出来ます。また、塾長は生徒の性格や学力、自分自身の指導力をある程度把握しているため的確なアドバイスや今後の方針を一緒に考えることが出来ます。
また、各教科の細かい指導の方法を教えてくれる場合もあるため、教員を目指している人にとってはとてもいい機会なのではないかと思います。

さらに、事務的な手違いや、生徒の成績が思うように上がらないようなことがあったとしても、直接保護者と話したり面談することはなく塾長が対応してくれるため、家庭教師よりは気が楽といえるのではないでしょうか。

two men talking

③ 自分に合った塾を選ぶことができる

 塾には様々な授業形態があり、それによって仕事の内容も大きく異なってくる場合があります。

指導方法による分類
  • 集団授業 (数十人の生徒を相手に授業をする)
  • 個別指導 (1~3人の生徒を相手に授業をする)
  • 映像授業

指導方法によって分類すると、集団授業、個別指導、映像授業に分けることが出来ます。

大勢の前で授業するのは緊張するという人は個別指導の塾、教員を目指しているから集団指導の塾という風に、自分に合った形態の塾を選ぶことが出来ます。

また、指導形態をより細かく分類すると、担任制の塾と担任制でない塾とがあります。

デメリット

① 稼ぎにくい

塾講師のバイトは確かに時給がいいですが、担任制の塾では週1~2回程度が限界です。しかし、家庭教師と違って1日にいくつかの授業をすることが出来るため、家庭教師よりは稼ぎやすいです。それでも、お小遣い程度にしかならない事が多いです。

一方で、担任制でない塾では、たくさん入ることが出来るので自分の頑張り次第で沢山稼ぐことが可能です。

② 思いもよらない質問をされる

塾では自習をしている生徒も多くいます。その近くを通ると理系の先生というだけで生物の質問をされたり、すぐには答えを出せないような問題について聞かれることがあります。そのため、中学や高校の範囲について広く知っている必要があります。

woman standing in front of children

まとめ

いかがでしたでしょうか??
将来教員を目指している人や、教えることが好きな人には向いているアルバイトだと思います。
しかし、時給が高い事だけを理由に選ぶのは危険だと感じました。
この記事が今後のバイト選びの参考になったら幸いです。

ABOUT ME
fuji
fuji
青森出身の山形大学理学部2年生です!