山形県

【南陽市金山地区の地域復興】ゴールドマウンテンプロジェクトってなに?

コーセイ

こんにちは。やまがた学生情報局のコーセイです!

今回は、南陽市の金山地区で地域復興として活動しているGOLD MOUNTAIN PROJECT(ゴールドマウンテンプロジェクト)を紹介します。

こんな人におすすめ!
  • 採れたての野菜やフルーツを
  • 食べてみたい!農業体験をしてみたい!農業人口の減少問題に興味がある。
  • 将来農業や商品開発をやってみたい。
  • 卒業後に南陽市で地域おこし協力隊をやってみたい。
  • 地方創生や町おこしに興味がある。
  • 田舎カフェ作りに興味がある。
  • ゲストハウス作りに興味がある。
  • 山林の開発に興味がある。
  • 田舎暮らしに興味がある。

引用:GOLD MOUNTAIN PROJECT | 株式会社かねやま村 (kaneyamamura.com) 閲覧:2021.8.30

どんなプロジェクト?

南陽市金山地区の農産物を使用した加工品を市内の事業所と連携して開発し、金山地区ブランドとして販売する事業です。

「GOLD MOUNTAIN PROJECT」南陽市の金山地区では、農業人口の減少に伴って、過疎化が急速に進んでしまっており、住民たちは不安を抱えています。

この問題を農家さんたちが中心となって、代議士の鈴木憲和さんに相談したことでプロジェクトが発足しました。

このプロジェクトは、金山地区の農産物を使った商品を通して、金山地区の魅力を多くの人に知ってもらったり、商品開発を通して関係人口を増やすことで、将来的に金山地区の農業人口の増加に繋げて持続可能な地域にしていくことを目的としています。

販売品

商品のデザインには金山地区の農産物だけでなく、南陽市にある熊野大社にちなんだウサギ、南陽市の漆山に伝わる民話「鶴の恩返し」もなども描き入れ、南陽市全体としての魅力も伝わるように工夫をしています。

商品は、南陽市で古くから歴史のある酒造和菓子屋果樹園と金山地区の農家さんがタッグを組んで開発しています。お土産ギフトとしてもご利用頂けると商品です。

いくつかをご紹介します。

※紹介する商品の詳細情報は、以下のサイトより引用しています。

https://kaneyamamura.com/gmp.html  閲覧:2021.8.30

引用:GOLD MOUNTAIN PROJECT | 株式会社かねやま村 (kaneyamamura.com) 閲覧:2021.8.30

KANEYAMA HONEY

春はアカシアの花やシロツメクサから、夏から秋にかけては山に自生しているキハダや栗、タラの木など沢山の花が咲き蜜源豊富な豊かな山ではちみつを採りました。

KANEYAMA HONEY

引用:GOLD MOUNTAIN PROJECT | 株式会社かねやま村 (kaneyamamura.com) 閲覧:2021.8.30

ラフランスのバターサンド

常温乾燥機でじっくり乾燥させた金山産ドライフルーツをチョコレート入りのバタークリームにたっぷり入れて、サクッとほどけるクッキーでサンドしました。

ラフランスのバターサンド

購入の仕方

サイトから注文できます。商品の詳細をクリックし、カートに入れるを押すと買い物を続けるか「会計に進む」になります。

5000円以上で配送料が無料です。

お支払方法
  • クレジットカード
  • コンビニ決済(手数料300円)
  • 銀行振込:三井住友銀行
  • ドコモ支払い(手数料300円)
  • au かんたん決済(手数料300円)
  • ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い(手数料300円)

他の商品を見てみる

将来の計画

ゴールドマウンテンプロジェクトを運用している株式会社かねやま村では、金山地区のフルーツや野菜などの農作物を購入できる直売所、金山地区の農作物を四季を通して味わえるカフェ、金山地区の景観を楽しめるゲストハウス、農業体験や果樹園狩りが楽しめるような農園など金山地区の魅力をさらに発信していけるように計画中です

募集していること

金山地区では、商品開発カフェ作りゲストハウス作り直売所作りや、農業などを通して地域活性化をお手伝いをして下さるボランティアを募集しています。もちろんアイデアだけでも大歓迎です!!

この他に金山地区でイベントを企画してくれたり、何か一緒に面白いことをしませんか?みたいなことも大歓迎です。また、卒業後に地域おこし協力隊として金山地区の活性化に尽力して下さるかたも募集しています。興味のある方はお話しだけでも気軽にご連絡をお待ちしています。

コーヒー好きのオススメ!こだわりの山形カフェ m. こんにちは!カフェ巡りが趣味のm. です!今回は、コーヒー好きの私が、空間も味も楽しめるカフェを紹介します! 新学期が始...

人口が減ると何が困るの?

プロジェクトの目的は人口を増やすことが目的だと説明しました。では、人口が減ると何が困るのでしょうか

都市の発展

山形県の集落の多くは、人口減少による過疎化が進んでいるため最終的に限界集落を迎える可能性が高いと言われています。人口が減少すると、店舗や施設が減少し生活が不便になります。生活が不便になるとさらに人が居なくなります。

また、店舗や施設の減少は雇用の減少にも繋がるため、さらに人口が減少します。それらは税収の減少にも繋がるため公共事業も減少します。

すると、さらに不便になり雇用も減るため、また人口が減少します人口減少問題は歯止めをかけないと、このような悪循環に繋がってしまい、最終的にその地域から人がほとんどいなくなってしまいます。

そのため、金山地区ではゴールドマウンテンプロジェクトを通して、多くの人に金山地区に興味を持ってもらうことで、最終的に移住者を増やして人口増加に繋げていきたいと努力しています

限界集落

限界集落とは、過疎化などで人口の50%以上が65歳以上の高齢者になり、冠婚葬祭などを含む社会的共同生活や集落の維持が困難になりつつある集落を指す、日本における概念。(引用:限界集落 – Wikipedia 2021.08.28 参照)

金山地区の場合

金山地区は、大通りがほとんど農地になっており借りる家がないため人が住むことが難しいです。農地としては価値が高いのですが、農業をする人がいないため耕作放棄地になってしまっています。

つまり、現在の金山地区はほかの地域から農業をやる人が来たとしても渡せる農地がないちょっとおかしな状態になっています。

では、どうしたら人が住み農業ができるようになるのでしょうか。

金山地区の農地は価値が高い第一種農地に認定されているため審査をし、建物を建てられるようにする必要があります。

審査について

審査は県が決定したあと、国が決定します。ですが、第一種農地を審査して転用することは大変難しいです。なぜかというと、前例がないからです。前例があると特例として認められるのですが、第一種農地の審査をクリアした事例は今までにないです。

審査に8か月かかり、トータルの時間は1年かかります

株式会社かねやま村では、事例を作ることによってほかの限界集落を迎えているところにも手助けできるのではないかとも考えています。

まとめ

今回は南陽市のゴールドマウンテンプロジェクトを紹介しました。山形県の多くの場所で人口が減少していて増やさなければいけません。

ゴールドマウンテンプロジェクトはそのひとつです。

商品はとっても美味しいのでぜひ、食べてみてください。

【山形市】NYで人気のチョコレートドリンクが飲める CHOCOLATE Lab.に行ってみた! コーセイ こんにちは!やまがた学生情報局のコーセイです!今回は、山形市にあるCHOCOLATE Lab.(チョコレートラボ)を紹介し...
The following two tabs change content below.
コーセイ

コーセイ

山形大学生 工学部 こーせいです。趣味は読書です。主に小説と新書と心理学の本を読んでいます。好きな作家さんは有川浩と糸井重里さんです。本に関する情報を届けてるよう尽力いたします。
ABOUT ME
コーセイ
コーセイ
山形大学生 工学部 こーせいです。趣味は読書です。主に小説と新書と心理学の本を読んでいます。好きな作家さんは有川浩と糸井重里さんです。本に関する情報を届けてるよう尽力いたします。